奇天烈音楽堂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

引き出しに蛇、徹子の部屋にゴキブリ。その心は?

Rush 「 Snakes& Arrows 」 ( 2007 )

Snakes & Arrows Snakes & Arrows
Rush(2007/05/01)
Warner

Track Listings
 1. Far Cry
 2. Armor And Sword
 3. Workin' Them Angels
 4. The Larger Bowl
 5. Spindrift
 6. The Main Monkey Business
 7. The Way The Wind Blows
 8. Hope
 9. Faithless
10. Bravest Face
11. Good News First
12. Malignant Narcissism
13. We Hold On

この商品の詳細を見る

Geddy Lee / bass guitar, bass pedals, mellotron, vocals
Alex Lifeson /electric and acousitc guitars, mandola, mandolin, bouzouki
Neil Peart / drums, cymbals, electronic percussion, tambourine

                                                                                       満足度80 


 カナダが世界に誇る最強3ピースバンド、RUSHによる5年ぶり通算18枚目のスタジオアルバム。
前作から今作の間には、カヴァーアルバム「 Feedback 」DVD 「 R30
DVD BOX 「 Replay X3 」の発売があったから、そこまでの飢餓感はなかったが、
やはり期待は大きかった。

そして、流石はRUSH。見事期待に応えてくれた。
1曲目のイントロを聴いた瞬間、これぞRUSH!といったいかにもなリフに思わずニンマリ。
掴みはバッチリ。ヘヴィでグルーヴィでポジティヴな曲。ライヴで盛り上がりそう。

2、3、4、5曲目はヘヴィでポジティヴな雰囲気からガラリと変わり、
アコースティックギターを使用した、しっとりとした、ドラマチックでポップな
これまたRUSHの一つの側面を表した彼ららしい曲。
というか、RUSHはどんな曲調であろうがどこまでもRUSHという、強力な個性を持っている。
カナダのバンドってそういう、シンプルだけどしっかりと個性を持ったバンドが多いよね。
お隣さんとは大違い。

6曲目はインストだが、ドラマチックでしっかりした展開を持った、素晴らしい曲。
今回は他に8曲目と12曲目にもインストを持ってきていて、どれも素晴らしい出来で、
それが効果的な場面転換を演出している。
12曲目はブリブリしたベースリフがカッコよい。

他にもRUSH流ブルースといった曲もあり本当に多彩だ。
全曲素晴らしいが個人的に特に気に入った曲は6、7、11、12曲目。

今回のアルバムが多彩でカラフルな色彩に溢れているのも、インスト曲の挿入とアコースティックギターとキーボードの使用によるものが大きいだろう。
アコースティックギターを使用した曲が本当に多く、ほとんどの曲に入っているんではないだろうか。
ライフソンとリーとの曲作りの段階で、アコギを使っていたのが大きな要因だろう。
しかしアコギの曲が多い割には、アルバムは若々しく、切れがあり、エネルギーに溢れている。

また今回のアルバムはプロダクションが素晴らしく、アコギ、12弦ギター、マンドリン、
メロトロンなどのキーボードなど多くの楽器を使用しているがどれもしっかりと聞き取ることが出来る。

昨年はRUSHのコピーバンドをやっていたが、そこで演奏してみて初めて発見できる、
RUSHの凄さというものがたくさんあった。
単純なようで複雑、複雑なようで単純、3人で出来ることを極限まで引き出したアレンジの妙。
しかし、シンプルでわかりやすさを忘れない、キャッチーな楽曲。
いろんなバンドのコピーを演ったが、このバンドが演奏していて、一番楽しく、気持ちよく、何度演奏しても、聴いても飽きない。
King Crimson程劇的な変化は無いが、毎回アルバムごとに着実に進歩している。(もちろん今作も。)
数少ない、真のプログレッシヴなバンドだろう。
本当にこのバンドは頭が良い。海外にはこういうことわざがあるそうだ。
「 3人寄れば RUSHの知恵 」  

これほどすごいのに何故日本ではまったく受けないのだろうか?(まあ、なんとなくわかるが…。)
しかし、それにしてもあまりにも海外に比べて評価が低い。
これほど、海外との温度差があるバンドも珍しい。
このままじゃ、日本の文化レベルが疑われますよ。

日本にRUSHを再び呼べる日は、一生来ないんでしょうか?
こんなに良いアルバムを出してんのに…。
みんな是非CD買って日本に呼びましょう。
ファイル共有とかで落とすアホは死になさい。



RUSHのMyspaceはこちら
Track Listingのリンクで動画が見れます。


スポンサーサイト
  1. 2007/07/01(日) 07:28:15|
  2. CDレヴュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<テンポと空間のずれ、桜桃と懊悩の狭間で。 | ホーム | Gavin Harrison ( drums ) - Porcupine Tree>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://madonanistkuma.blog99.fc2.com/tb.php/6-258be528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

マッドオナニスト・クマザワ

Author:マッドオナニスト・クマザワ
変態への強い憧れ、嫉妬

カレンダー



全記事表示

My Top Albums

My Top Weekly Artists

since April, 2007

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。